カテゴリー: 未分類

印鑑を贈る

成人を迎える前、特に学生である間は印鑑を使うことはほとんどありませんが、大人として社会に出ていくと印鑑は日常的に使うものになってきます。宅配便の受け取りや文書などの回覧の印に使う認印や、口座の開設や金銭の授受に必要な銀行印は、生活の必需品のひとつです。必要に迫られたときに既製品を手に入れることも可能ではありますが、特別な門出の時に贈られる印鑑は、文字通り一生ものの特別な存在として相手の人生に寄り添っていくものです。

印印鑑は、単なる署名の代わりではありません。書類などの内容を認識、了解し、それに対して自分の意志や判断を示す証拠として用いられるものです。印鑑を使うということは「名前のスタンプ」を押すのとは全く意味合いが違ってくるのです。それだけに、せっかくならよいものを使いたいものです。

ひとくちに印鑑といっても、さまざまな選択肢があります。個人が使う印鑑は円形のものが普通ですが、まずは印材を何にするか(木材、角や牙、金属や樹脂など)彫るのは姓のみか姓名か、書体はどうするかなど、ひとくちに印鑑といってもさまざまなバリエーションがありえます

また、印鑑の彫刻は大きく機械彫り手彫りに分けることができます。時間とお金は多少かかりますが、手彫りの印鑑は、文字通りこの世に1つだけのものです。最近では手彫り印鑑をインターネットでも購入できるようになりました。その印鑑の種類は豊富で材質も様々です。急ぎの場合は当日出荷もお願いできますので非常に便利でしょう。贈り物に印鑑を選ぶとしたら、保障期間も重要になってきます。印鑑通販サイト「いいはんこやどっとこむ®」では印鑑の保証期間が10年と、とっても長く設定されています。また彫り直しサービスもついていますので、安心して贈ることができます。

印鑑 10年保証の他に、印鑑無料彫り直しサービスのダブル保証が付属しております。

特別な節目の贈り物として、印鑑を選んでみてはいかがでしょうか。きっと喜ばれることでしょう。

成人祝いに何を贈るか

成人のお祝いをするタイミングは、相手の二十歳の誕生日周辺、あるいは成人の日周辺ということになるでしょう。個人的に関係のある間柄であれば、成人式の集まりなど慌ただしい成人の日よりは、その人自身の20回目の誕生日の方が印象に残るかもしれません。

それまでの誕生日のお祝いと違うのは一生に一度だけの、社会的に大人として扱われるようになる重要な節目であるということです。プレゼントは大きく「飾る、身に着けるなどして相手の生活を彩る」ものと「毎日の生活に役立つ実用品」の2つに分けることができます。単なる誕生日のお祝いであれば前者でも構いませんが、やはり成人の節目には今後の生活に必要なものを贈りたいものです。

印鑑実用的なプレゼントとしては、万年筆時計財布などが挙げられます。もちろん自分でも買うことのできるものではありますが、大人としてはしっかりとしたいいものを使いたいものです。また、特別な節目を迎えた人へのプレゼントには、相手の名前を入れて贈るということもよく行われます。そのような中に、文字通り「名前」を刻んで贈るものとして印鑑が挙げられます。印鑑を贈るということは頻繁に行われることではありませんが、社会的に大人として認められる節目でのプレゼントとしては適しているのではないでしょうか。

成人祝いのプレゼントに

人生において、節目となるべき時は何回か訪れます。子供の頃なら誕生、入園や入学、卒業。そして就職や結婚、子供が生まれるなど、人によってさまざまなタイミングで節目はやってきます。親戚や友人との付き合いの範囲によって、またそれぞれの人との関係の深さによって、どの程度までお祝いをするかは変わってくるでしょう。

そのような節目の中で、学歴や職歴に関係なく訪れる重要なものの1つに「成人」があります。学生として迎える人、働いている人、また既に家庭を持っている人など、さまざまな立場で迎える成人は、多少抽象的な「大人になる」という意味合いと共に、法律的に一個の大人として扱われるようになるという社会的な節目でもあります

お花人生の節目を迎える相手(またはその親)との関係によって、お祝いの頻度は変わってくるでしょうが、成人のお祝いは誰にとっても一度きりのものです。自分自身の成人の節目を過ぎ、大人になってからは、誰かの成人を「祝う」立場になります。祝う気持ちの表し方は人それぞれでしょうが、この機会にプレゼントを贈るとしたら、どのようなものがいいのでしょうか。

祝う相手が友人であれば、相手が喜ぶものを選べばいいわけですが、人生の先輩として若い人の成人を祝うという場合は、既に大人としての年月を重ねている立場から、今後の生活に役に立ち、自覚と責任を持たせる意味合いを持つものを贈るというのもよいのではないでしょうか。ここでは、成人祝いにプレゼントするものについて考えていきます。

カレンダー

2017年11月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930