日別: 2017年11月8日

印鑑を贈る

成人を迎える前、特に学生である間は印鑑を使うことはほとんどありませんが、大人として社会に出ていくと印鑑は日常的に使うものになってきます。宅配便の受け取りや文書などの回覧の印に使う認印や、口座の開設や金銭の授受に必要な銀行印は、生活の必需品のひとつです。必要に迫られたときに既製品を手に入れることも可能ではありますが、特別な門出の時に贈られる印鑑は、文字通り一生ものの特別な存在として相手の人生に寄り添っていくものです。

印印鑑は、単なる署名の代わりではありません。書類などの内容を認識、了解し、それに対して自分の意志や判断を示す証拠として用いられるものです。印鑑を使うということは「名前のスタンプ」を押すのとは全く意味合いが違ってくるのです。それだけに、せっかくならよいものを使いたいものです。

ひとくちに印鑑といっても、さまざまな選択肢があります。個人が使う印鑑は円形のものが普通ですが、まずは印材を何にするか(木材、角や牙、金属や樹脂など)彫るのは姓のみか姓名か、書体はどうするかなど、ひとくちに印鑑といってもさまざまなバリエーションがありえます

また、印鑑の彫刻は大きく機械彫り手彫りに分けることができます。時間とお金は多少かかりますが、手彫りの印鑑は、文字通りこの世に1つだけのものです。最近では手彫り印鑑をインターネットでも購入できるようになりました。その印鑑の種類は豊富で材質も様々です。急ぎの場合は当日出荷もお願いできますので非常に便利でしょう。贈り物に印鑑を選ぶとしたら、保障期間も重要になってきます。印鑑通販サイト「いいはんこやどっとこむ®」では印鑑の保証期間が10年と、とっても長く設定されています。また彫り直しサービスもついていますので、安心して贈ることができます。

印鑑 10年保証の他に、印鑑無料彫り直しサービスのダブル保証が付属しております。

特別な節目の贈り物として、印鑑を選んでみてはいかがでしょうか。きっと喜ばれることでしょう。

カレンダー

2017年11月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930